Messenger連携

Facebook Messenger
あなたに新着情報や最新通知
お届けします。

Messenger連携する

Facebook Messenger
あなたに新着情報や最新通知
お届けします。

Messengerクリックして連携

株式会社KENテクノロジー

「エンジニアって難しそう…」と思っている方こそ、チャンスかもしれません。

中村 好成 Age.39

役職グループリーダー

職種エンジニア

雇用形態正社員(中途)

グループリーダー

エンジニア | 正社員(中途)

勤務地東京都 

上司の一言

ミスター平等!!KENテクノロジーの孫の手。常に誰かの心配をしています。そしてすぐにフォローに動いてくれます。

部下からの一言

情に厚く!面倒見が良い!でもちょっとくどい・・・(笑)いつもフォローありがとうございます!!

マネジメントタイプ

「あまり口出ししない」 手取り足取り教えず、本人に考えさせるようにしています。

趣味

読書・映画鑑賞

このリーダーと働きたい

これまでのキャリアと、入社したきっかけは?

新卒では全く別の仕事に従事していて、この会社に転職をしてきてから17年に
なります。当時、前職を辞めてからうちのグループのスクールに通ったことが、
今へとつながっています。
学生時代も含めて、パソコンをちゃんと勉強したことがなかったのですが、
興味自体はずっと昔からあって。
実際にスクールの生徒になってみて、勉強しているうちにまた別の興味が湧いて、
といった形で気づいたら入社していて、17年も経っていましたね。

入社をして初めての仕事はOffice関連のソフトを教えるインストラクターでした。
その後、ネットワークやインフラの技術を教えるインストラクターを経験しています。
当時、インストラクターとして全国の各校舎をいくつか回っている中で、
関西でスクールの立ち上げに携わったことがあり4年ほど関西に住んでいました。
立ち上げを終えて東京に戻ってくるタイミングで、「もっと色んな景色を
見たいな」と感じ、人事に申し出て、インストラクターから現場で仕事を行う
エンジニアにキャリアチェンジをしたという経緯です。

未経験からエンジニアに挑戦してみてどうでしたか?

一言で言えば、「大変」でしたね。自分で申し出たのですが、やってみないと
わからないもんだな、と。
座学ではわからないことが現場にはたくさんありましたね。
インストラクター時代はとにかく色んな資格をとるため、テストで点を取るための
勉強を教えていましたが、実際の現場で使われているのは、座学で教わったことと
全く別物だったり。
インストラクターとして座学で得た知識が、現場でどう使われているかを
キャリアの早い段階で知れたのはよかったと思います。

また、インストラクターであれ、エンジニアであれ変わらない部分は
たくさんあって。スクールで10年間やっていたことは、現場に出ても
共通する部分がたくさんありましたね。
やはり、インストラクターでもエンジニアでも「報・連・相」などの
基本ができている人こそ活躍している印象があります。

未経験から始めて、現在は5つ目の現場になりました。
私自身、良い意味でこだわりはあまりないタイプなので、あまり案件を選ばず、
様々な案件に携わってこれたことも、今となってはプラスに働いたのかなと。

現在は、監視チームのリーダーを任されています。
プロパーさんとの監視定義をこちらから提案させていただいたり、
プロパー側からのオーダーに関して設定したものを提案して、
打ち合わせしたものを形にしていく仕事をしています。その案件には
私と弊社からもう一人、部下もいるため、その部下の教育も私の仕事です。

マネジメントの方針は「あまり口出ししない」ですね。
以前は丁寧に手取り足取り教えていましたが、現在は自由度を持たせて
本人に考えさせるようにしています。
1から100まで全部教えることに自分が労力を割いてしまって、自分が
持っている他のタスクが圧迫してしまい、成果が出せないのは本末転倒です。
自分の仕事も部下の教育も、厳しい時間の制約がある中でバランスよく
行うために柔軟でいることにはかなり気を遣っていますね。

ここ最近は、今までよりも管理やマネジメントの割合が増えてきているのですが、
会社の成長と合わせるように自分の持っている知識やスキルを後輩・部下に
還元できるような働き方をしていきたいと思います。

KENテクノロジーの良さを教えてください。

やはり、もともとのスクール事業が根幹にあるので、教育のノウハウやコンテンツ
を使って、自社の社員を教育できるのは大きな強みだと思います。

「独自性」という点において、個別レッスンを採用しています。
動画の再生や講義での研修は誰が聞いても同じことしか教えてくれませんが、
個別対応だと相手の顔色などの反応を見ることで、こちらが気づける部分に
応じて、伝え方を変えれるのが強みだと思いますね。
グループ単位のレッスンではなく、マンツーマンでの指導ができる環境と
いうのは非常に大きな強みですね。

また、会社やグループ全体として、その教育の社風が根強く浸透しているので、
大なり小なり困ったことがあった時に誰でも力を貸してくれる環境があることも
大きな強みの一つですね。

このような社風は一朝一夕で出来上がるものではありませんから、他社さんには
真似できない部分かな、と思います。

未経験からエンジニアを目指す人に向けてメッセージをお願いします。

仕事を仕事として考えられるかは意外と人によって個人差があります。
エンジニアに限った話ではありませんが、我が強すぎる人は、エンジニアとして
活躍するのは難しいのではないか、と思います。
期日に向かってスタートラインを切り、現場のメンバーと力を合わせて
ゴール向かっていく。
その中で謙虚さを忘れない人の方が、この仕事に向いていると思いますね。

エンジニアやスクールインストラクターに興味があっても一歩踏み出せない人に
対しては、ぜひ一度体験してもらうことをおすすめしたいですね。
テクノロジーに携わる仕事は、これからも他の業界に比べて選択肢が広がっていく
業界です。新しい技術がどんどんと出てくるので、間口の狭い業界というわけでも
ありませんし。
可能性がある業界に興味が持てるのであれば、是非是非一緒に頑張りましょう!
と言いたいですね。
大変なことは確かにありますが、、そんなに気張って構えなくても大丈夫だよ、と
声をかけたいです。


エンジニアとして外に出た時に、スクールのインストラクターの知識だけで
すぐ通用するわけではありません。どの現場に出ても、最初は苦労すると
思います。私自身もそうでした。ただ、少しずつでも継続して自己研鑽
できる方であれば絶対に大丈夫です。継続は力なりだと思うので、通勤時間の
少しの時間でも継続できれば力がついてきます。自分は自己学習を半年間
やり続けたタイミングで手応えを感じました。
繰り返しますが、やり続けることが大切だと思います。続けることが一番です。

エンジニアって本当に面白い仕事ですよ。
私自身もまだまだ勉強が必要だと思いますし、本当に学ぶこと・学びたいことが
尽きない仕事です。
私で教えられることがあれば、いつでも誰でも教えてあげたいと思いますし、
より頼られる人になっていきたいですね。
「エンジニアって難しそうだから辞めておこう、、」と思っている方こそ、
弊社に相談してみてはいかがでしょうか?

募集要項

応募資格 こちらはログイン後に閲覧できます。
求める人材 こちらはログイン後に閲覧できます。
仕事内容 こちらはログイン後に閲覧できます。
勤務時間 こちらはログイン後に閲覧できます。
給与 こちらはログイン後に閲覧できます。
待遇・福利厚生 こちらはログイン後に閲覧できます。
休日・休暇 こちらはログイン後に閲覧できます。
勤務地 こちらはログイン後に閲覧できます。
その他の勤務地 こちらはログイン後に閲覧できます

ログインして続きを見る

株式会社KENテクノロジーへのエントリーが完了しました

企業からの返信があるまでお待ちください。
返信があれば、ご登録いただいているメールアドレスまで
通知させていただきます。

株式会社KENテクノロジーの企業ページへ

株式会社KENテクノロジーの
他のリーダーインタビュー leaders Interview

厳選インタビュー leaders Interview

loding